料理の通信講座 会席料理

成功のコンセプト 仕事術

メヒカリの唐揚げ 料理レシピ 作り方

オリーブオイルソムリエの資格取得

アーカイブ

料理用語;意味とはフレーズ表現辞典

facebook twitter

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« 秋の夜長に秋刀魚の炊き込みご飯 | メイン | ピーナッツが隠し味の豆乳ソース »

肉を柔らかくする梨の成分

すき焼きの肉を柔らかくするために梨を使う。

梨には肉を柔らかくする成分が含まれています。

梨 なし

肉を柔らかくして食べたい。

誰もが思う永遠のテーマですよね。

マイタケなども肉を柔らかくするために使われることがありますが、フルーツの梨にも肉を柔らかくする効果が期待できます。

  • たんぱく質分解酵素

    梨の成分には、肉類の消化を助けるたんぱく質分解酵素が含まれています。

    肉を柔らかくする正体ですね。

    すき焼きの割下の中にすりおろした梨を加え、鍋の中で一度火を入れます。

    そのまま冷まして濾せば、たんぱく質分解酵素入りの割下の出来上がりです。

    このひと手間で肉が柔らかくなるなら、是非試してみたい調理法ですよね。

    梨の成分はその90%が水分です。

    利尿作用や体のほてりを冷ましてくれる効果もあります。

    カリウムも豊富なので、成分的には胡瓜とよく似ているのではないでしょうか。

    疲労回復やスタミナ増強効果のあるアスパラギン酸も含まれており、体力の落ちている時には心強いフルーツであることが分かります。

  • 赤系の梨は日持ちがしません

    梨の簡単な分類方法として赤系と青系があります。

    幸水梨や豊水梨は赤系、二十世紀梨は青系に分類されます。

    2~3週間は保存できる青系に比べ、赤系の梨は購入したらすぐに食べることをおすすめ致します。

    赤系はすぐにツヤがなくなって柔らかくなってしまうので注意が必要です。

    水分が失われないよう、ポリ袋に入れて野菜室で保存します。

    梨の成分には、肉を柔らかくするたんぱく質分解酵素が含まれている・・・一歩進んだ料理をするために、覚えておきたい知識ですね。

  • ケイコとマナブ.net

    野菜ソムリエ

    【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!

    食育インストラクター養成講座

    料理資格 通信講座案内

    就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー
    About

    2009年10月01日 17:09に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「秋の夜長に秋刀魚の炊き込みご飯」です。

    次の投稿は「ピーナッツが隠し味の豆乳ソース」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Copyright © 2007-2018 料理資格と通信講座ガイド All rights reserved.

    ※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。