料理の通信講座 会席料理

成功のコンセプト 仕事術

メヒカリの唐揚げ 料理レシピ 作り方

オリーブオイルソムリエの資格取得

アーカイブ

料理用語;意味とはフレーズ表現辞典

facebook twitter

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« 夏に食べたいレシピは射込みトマトのゼリー酢 | メイン | モロヘイヤの見分け方 »

トマトと日照時間

トマトと日照時間には深い関係があります。

トマトの旬は夏ですから、ギラギラ光る太陽を連想します。

ところが、意外なことに春先のトマトがおいしいということをご存知でしょうか?

トマト釜のゼリー酢

トマト釜のゼリー酢。

夏のトマトは生育が早いんです。

つまり、春先のトマトに比べて総合的な日照時間が短くなってしまいます。

トータルの日照時間の長さが重要なんですね。

樹上で完熟に至るまで時間をかけて育つ・・・おいしいトマトの栽培には欠かせない条件のようです。

トマトといえば、イタリアを想像しますよね。

温暖な地中海の気候の中で、じっくりと時間をかけて育つイタリアのトマトがおいしいのも頷けます。

野菜ソムリエの本の中に、日本の大雲仙トマトが紹介されていました。

有明海に面した長崎県南有馬町。

冬も温暖で、トマトの生育に欠かせない日照時間が長いそうです。

受粉作業も、主にマルハナ蜂による自然交配とのこと・・・

3月から4月にかけて、大雲仙トマトの出荷ピークとなります。

トマトの生育に欠かせない日照時間の長さ。

野菜ソムリエの資格取得を目指す人なら、是非とも知っておきたい食材知識のひとつですね。

ケイコとマナブ.net

野菜ソムリエ

【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!

食育インストラクター養成講座

料理資格 通信講座案内

就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー
About

2009年08月15日 11:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「夏に食べたいレシピは射込みトマトのゼリー酢」です。

次の投稿は「モロヘイヤの見分け方」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Copyright © 2007-2018 料理資格と通信講座ガイド All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。