料理の通信講座 会席料理

成功のコンセプト 仕事術

メヒカリの唐揚げ 料理レシピ 作り方

オリーブオイルソムリエの資格取得

アーカイブ

料理用語;意味とはフレーズ表現辞典

facebook twitter

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« クレープの作り方のコツは生地を休ませること | メイン | バジルとモッツァレラチーズのはさみ揚げ »

イチゴの美味しい食べ方

2月はいちごの季節ですよね。

奈良名産のあすかルビーでパンナコッタを作ってみました。

あすかルビーのパンナコッタ

あすかルビーの通販

あすかルビーというだけあって、奈良県の明日香村へ行けば、イチゴ狩りが最盛期を迎えようとしています。

いちごのブランド品種であるあすかルビー

幻の赤い宝石と呼ばれる美味しいイチゴです。

あすかルビーの出回り時期は12月中旬~5月下旬まで。

甘味と酸味のバランスがちょうどいいあすかルビーで作るパンナコッタは格別です。

あすかルビーのパンナコッタ

野菜ソムリエの資格を目指している方なら、果物の学習にも余念がないですよね。

野菜ソムリエの別名はベジタブル&フルーツマイスターですから、果物にも詳しくなければなりません。

そこで今日は、いちごに関するミニ知識をご案内致します。

  • いちごの食べ方

    いちごにも美味しい食べ方というのがあります。

    どのように食べるのか?

    気になりますよね(笑)

    ヘタの方から先端に向かって食べるのが、いちごを美味しく頂く秘訣です。

    その理由は簡単で、いちごの先端部分には甘味が凝縮されているのです。

    ヘタの方から食べれば、最後までイチゴの甘味を楽しむことができるというわけです。

    いちごって傷み始めると早いですよね。

    冷蔵庫に入れたら、2日以内に食べ切ることをおすすめ致します。

    2日以上置いておくと、先端部分の赤味が失われ、グチュグチュ白っぽくなってきます。

    それだけイチゴの先端部分は繊細に出来ているということでしょうか。

  • いちごの旬は2度あります

    いちごの旬が2度あると言っても、年間を通しておいしいイチゴが食べられるわけではなく、割と偏った時期に2度の旬がやって来ます。

    12月末~1月にかけて一番果が実ります。

    それに続いて、二番果は2月中旬~3月に実ります。

    冬に美味しくなるイチゴ。

    いちごの旬を見逃さずに、食卓に彩りを添えたいですね。

    あすかルビーのお取り寄せ 関西圏以外の方におすすめ致します!

  • ケイコとマナブ.net

    野菜ソムリエ

    【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!

    食育インストラクター養成講座

    料理資格 通信講座案内

    就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー
    About

    2009年02月11日 09:46に投稿されたエントリーのページです。

    ひとつ前の投稿は「クレープの作り方のコツは生地を休ませること」です。

    次の投稿は「バジルとモッツァレラチーズのはさみ揚げ」です。

    他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

    Copyright © 2007-2018 料理資格と通信講座ガイド All rights reserved.

    ※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。