料理の通信講座 会席料理

成功のコンセプト 仕事術

メヒカリの唐揚げ 料理レシピ 作り方

オリーブオイルソムリエの資格取得

アーカイブ

料理用語;意味とはフレーズ表現辞典

facebook twitter

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« シイタケ好きにおすすめする原木栽培の椎茸 | メイン | お洒落な雰囲気が漂う「ワインとグルメの資格と教室」 »

蒸し鴨ロースの作り方

蒸し鴨ロースの作り方をご案内致します。

冬の味覚の鴨肉を使って料理にチャレンジしてみました。

今回はさすがに野生の真鴨ではなく、真鴨とアヒルを掛け合わせた合鴨肉でレシピに挑戦です。

蒸し鴨ロース 料理法

まずは合鴨の抱き身を買ってきて、余分な脂分を取り除くために皮に針打ちをします。

脂分の多いのが合鴨肉の特徴。

脂が多くて柔らかいため、料理名にロースと名の付くことが多いお肉です。

熱したフライパンに入れて、強火で皮に焼き目を付けます。

裏返して身の方もさっと焼いた後、熱湯にくぐらせて油抜きをします。

このときに気を付けたいのは、火を通しすぎないこと

合鴨料理に共通して言えるポイントです。

蒸し鴨ロースの作り方

鍋の中に濃口醤油5、みりん3、酒2ぐらいの割合で合わせて煮立てます。

そこへ合鴨の胸肉を入れてさっと煮ます。

あくまでも、さっと煮るだけです。

煮汁ごとよく蒸気の上がった蒸し器に入れて、強火で8分ほど蒸します。

直火で煮るより柔らかく仕上げることができますので、ここも大切なポイントですね。

蒸し器から取り出して、皮の部分に再び針打ちをします。

煮汁から引き上げて金串に刺してつるし、血抜きをしながら冷まします。

鍋に氷水を当てて煮汁を急冷し、胸肉を戻し入れて5時間ほど漬けて味をなじませます。

梅肉ドレッシングを掛けて供します。

歯ごたえがあって、とても美味しい蒸し鴨ロースに仕上がりました。

先付 付き出し

こちらは先付。

もろこの甘露煮、巻柿、サザエ肝の柚庵地浸し、どんこの麹漬け、煎り海胆、くらげの梅肉和え、そうめんチーズの磯部巻などが並びます。

蒸し鴨ロース、是非あなたのお料理レシピに加えてみて下さいね。

おいしい鴨肉 通販サイトの楽天市場を検索!

ケイコとマナブ.net

野菜ソムリエ

【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!

食育インストラクター養成講座

料理資格 通信講座案内

就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー
About

2008年11月10日 16:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シイタケ好きにおすすめする原木栽培の椎茸」です。

次の投稿は「お洒落な雰囲気が漂う「ワインとグルメの資格と教室」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Copyright © 2007-2018 料理資格と通信講座ガイド All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。