料理の通信講座 会席料理

成功のコンセプト 仕事術

メヒカリの唐揚げ 料理レシピ 作り方

オリーブオイルソムリエの資格取得

アーカイブ

料理用語;意味とはフレーズ表現辞典

facebook twitter

Facebook サイト管理人

Powered by
Movable Type 3.34

« 人を良くする食育インストラクター養成講座 | メイン | 簡単ホワイトソースの作り方 »

ヒラメとカレイの見分け方は左平目に右鰈

左ヒラメに右カレイってよく言いますよね。

腹を手前に置いたとき、左側に目があるのがヒラメで、右側にあるのはカレイという見分け方をします。

カレイの種類は非常に多く、実際には例外もあります。

厳密な見分け方としては、ヒラメは口が大きくカレイは小さいことを目安にするといいでしょうね。

左ヒラメに右カレイを題材にした歌がありました(笑)

城下かれいの通販

なんだかとても楽しい歌ですね。

カレイは日本だけでも40種を数えるそうです。

実に様々なカレイが生息しているんですね。

幼魚のときに、目が移動して片側に寄ります。

体も扁平になり、いかにもカレイといった姿に変貌を遂げていきます。

カレイで一番有名なのは、大分県日出町(ひじまち)産の城下がれいですよね。

城下ガレイはマコガレイという種類に属します。

マコガレイを漢字表記すれば、真子鰈となります。

雲状の模様と小さな口をしたマコガレイは、カレイの中でも大型種の部類に入ります。

おちょぼ口をしているのが特徴なので、クチボソとも呼ばれています。

城下ガレイはマコガレイの本種です。

城下ガレイの産地である大分県日出町では、地域通貨として”カレイ”を使っていらっしゃるようです。

”カレイ”はもちろん、通貨の単位。

1時間のお仕事につき100カレイが目安なんだそうです。

地域通貨はどんどん地域内で使って循環を良くするのが狙いです。

そのため、2,000カレイまでしか貯めることはできない仕組みになっています。

お金や物がスムーズに流れなくなった日本・・・全て貯め込まれて停滞ムードが漂っていますね。

そんな中にあって、地域通貨の試みというのは参考になる点もあります。

地域の特産品を通過単位にしてしまうなんて、茶目っけのある面白い挑戦だと思います。

地域通貨の良いところは、ありがとうの輪がお年寄りから子供にまで広がることですよね。

スーパーやコンビニで買い物をするときでも、店員さんと言葉を交わすことが少なくなってきました。地域通貨が活発に行き交うようになると、人と人とのコミュニケーションも生まれます。

城下ガレイが日出町の活性化につながっているといいですね。

左ヒラメに右カレイ、是非皆さんも覚えておきましょう。

城下かれいの通販 幻の魚、城下かれいを通販で購入することができます!

ケイコとマナブ.net

野菜ソムリエ

【Yahoo!ショッピング】人気のスイーツや産直グルメが満載!

食育インストラクター養成講座

料理資格 通信講座案内

就転職に強い資格・スキルをマスター!ヒューマンアカデミー
About

2008年02月04日 09:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「人を良くする食育インストラクター養成講座」です。

次の投稿は「簡単ホワイトソースの作り方」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Copyright © 2007-2018 料理資格と通信講座ガイド All rights reserved.

※写真の無断転載はご遠慮下さいますよう、お願い申し上げます。